グルコサミンで関節の痛みが減る|サプリメントの選び方

薬

年とともに減少します

膝

グルコサミンは関節に良いとされている成分ですが、年とともに生成量が減少してしまいます。食品にも含まれる成分ですが、充分な量が確保できないためサプリを使うと効果的です。グルコサミンはもともと体内にあるものなので安全性が高い成分です。

Read More

配合量を必ず確認しよう

男女

グルコサミンサプリメントを飲むことで、いくつになっても軟骨を再生することが可能です。グルコサミンの効果を最大限に実感するためには、体重に合った配合量のサプリメントを選ぶ必要があります。体重の重い方は体重の軽い方より、多くのグルコサミンを摂取しなければなりません。

Read More

サプリに含有している成分

膝

グルコサミンサプリは関節に良いため中高年齢層に人気ですが、他の成分も配合されていることが多いです。そのうちコンドロイチンが一緒になっていることが多く、グルコサミンとコンドロイチンの両方摂取の方が効果が高くなります。

Read More

関節痛を防ぐ成分

グルコサミンのサプリを購入する前に、こちらで選び方を確認しましょう。飲みやすさや価格など見るべきポイントはいくつかあります。

症状による選び方

スポーツ

関節痛を防ぎ、関節がスムーズに動くためには軟骨が重要な働きを果たします。グルコサミンは、この軟骨の原料になります。グルコサミンは年齢とともに体内での生成量が減少するため、サプリメントを利用して補充してあげる必要があります。グルコサミンサプリメントを選ぶときに現在関節痛が発生しているか、していないかでお勧めする商品が変わります。関節痛を予防するためにグルコサミンを飲むのであれば、グルコサミンの質と量に拘ったサプリメントを選ぶと良いでしょう。コンドロイチンやヒアルロン酸はグルコサミンが生成する成分です。一方、既に関節痛を抱えている人は炎症を鎮める成分が含有していたり、バランス良くコンドロイチンが含有しているサプリメントがお勧めです。

吸収されやすい成分

グルコサミンはエビやカニの殻から抽出することが多いですが、一昔前はキチン・キトサンと呼ばれる物質をエビやカニから抽出して健康食品として販売していました。キチンやキトサンは分子量の多い多糖類のため、ほとんどが吸収されずに排出されてしてしまいました。コンドロイチンやヒアルロン酸も分子量が大きいため吸収率がよくありません。一方、グルコサミンは糖の最小単位の単糖という低分子のため、体に吸収されやすい特徴があります。コンドロイチンやヒアルロン酸のサプリメントも販売されていますが、グルコサミンが主流になっているのは吸収率の違いによるためです。コンドロイチンやヒアルロン酸のどちらもグルコサミンから合成される成分でもあります。